スポンサーリンク

スポーツくじ『MEGA BIG』
販売開始から8か月経過
当選者は何人?1等当選金12億円!

ひとりごと
keisuke3さんによる写真ACからの写真
スポンサーリンク

2020年2月15日販売開始!

2020年2月、日本くじ史上最高当選金額の、
スポーツくじ『MEGA BIG(メガ・ビッグ)』が誕生!

あれから8か月、当選者は何人誕生したのか?

売上金額は?

現在のキャリーオーバー額は?

さまざま調べてみました。

販売開始後

2月に販売開始後、私は、宝くじ売り場前に立っているのぼり旗で知りました。

いつから始まっていたのだろう?
と店頭のパンフレットを見てみると、販売直後のようでした。

テレビのCM等々、話題に上がっていないようで全く知りませんでしたが、
12億円はあまりにも魅力的で数枚ほど試しに購入したものでした。

その後、まさしく「コロナ」の影響をモロに受け、翌週は中止、その次の週に販売したものの、
その翌週から3回連続中止になってしまっていました。
幸先が悪すぎ、販売直後の盛り上がりが大きく欠けてしまいました。

販売開始後、中止回を除き26回開催。(2020.10.22現在)

MEGA BIG(メガ・ビッグ)とは?

MEGA BIG(メガ・ビッグ)とは?

■1等賞金:(キャリーオーバーあり)最高12億円、(キャリーオーバーなし)最高7億円

■購入金額:1口300円

■コンピューターがランダムに数字を選択する、予想の必要が無いおまかせ式のくじです。
「toto」や「ロト6」のように自分で数字を予想するものではありません。従来の「BIG」と同じです。

■当選確率:16,777,216分の1(理論値)

■ルール:指定された12試合について、
90分間での両チーム合計得点数を、
1点以下【1】、2点【2】、3点【3】、4点以上【4】とし、
コンピューターがランダムで上記の4択の中から選択。
※最低成立試合数は8試合(4試合中止まで)

スポーツくじ『MEGA BIG』当選結果

販売開始後の結果は以下のとおりです。

いまだ当選者は出ていません。
2020.10.22.現在、キャリーオーバー額が40億円超、当たれば12億円確定です。
そろそろ大当たりがはっせいするのでしょうか?

まとめ

販売開始後8か月経過、なかなか当選者が現れません。
毎週毎週、1枚か2枚、ちょぼちょぼ買っていこうかと・・・