スポンサーリンク

昭和40年生まれ男、読んだボクシング漫画は?

ボクシング
スポンサーリンク

こんにちは。みんな大好きボクシングの漫画。特に順位付けとかオススメとかしません。良い作品あれば教えてください。昭和40年生まれ男の大好きな作品です。

「あしたのジョー」

誰もが知る普及不滅の名作、
マンガというより芸術作品。

1967年~1973年の連載、「昭和40年生まれ男」2歳~8歳、我々は単行本になってから読んだことでしょう。
あのラストシーン、死んだのか?眠ってるだけなのか?子供ながらもぽっかりと胸に穴が開いたようで、叫びたくなったシーン、その後何度も読みました。最後の相手「ホセ・メンドゥサ」のモデルは「カルロス・サラテ」?そして、最後のシーンについては私の結論は「死」。

「♬サンドーバアグにー・・・・♬」 アニメは良かったー。 映画は無理でしょー!

作者「ちばてつや」のほかの作品は、

「がんばれ元気」、一番泣いた?

一番泣いた漫画のような気がする。
物心の付く前にお母さんを、小さい子供の時にプロボクサーのお父さんを亡くし、たった一人で大人相手に頑張る姿、今もうっすら涙ぐんでおります。多分、間違いなく一番泣きました。おじいちゃん・おばあちゃんもいい人ー、泣きました。
この主人公はとても真面目な普通の人、「一歩」のような天然でもありません。

作者「小山ゆう」は、「おーい竜馬!(武田鉄矢原作)」・「あずみ」等、ヒット作多数。

「ナックル・ウォーズ」、原作・狩撫麻礼

これは作品からではなく、原作家「狩撫麻礼」ありきで読みました。この原作家の【狩撫節】というメッセージ性の高いセリフで心を持っていかれ大ファンになりました。
女と情に弱い少しカッコ悪い探偵ものの「ハード&ルーズ(作画:かわぐちかいじ)」
「迷走王ボーダー(作画・たなか亜希夫)」
山田孝之主演で映画化された「ハード・コア(画:いましろたかし)」
松田優作主演「ア・ホーマンス」
私の大好きな「タコポン(画:いましろたかし)」
韓国で映画化された「オールド・ボーイ(別名義:土屋ガロン、作画:峰岸信明)」
ドラマ化「湯けむりスナイパー」と「リバースエッジ大川端探偵社」(2作品とも別名義:ひじかた憂峰)、と多数あり。興味ある方は是非!ちなみに、「ナックル・ウォーズ」の作画は「谷口ジロー」、あの「孤独のグルメ」の作画家さんです。

「はじめの一歩」。引っ張りすぎ、先に進めてください!

初期のころ、いじめられっ子が恐ろしいほど強くなっていく過程、ライバル宮田君とのすれ違いの関係、誰もが主役を張れるくらいの個性的な登場キャラクター、でとても面白い作品でしたが、ここしばらく読んでも読んでも先に進まず、ついにはあきれてきました。出版社の意向なのか作者の希望なのか、せっかくの作品が壊れかけています。充分お稼ぎになってでしょうから、まずは、ひと段落させ、続編か何かで楽しんでいただきたいと考えます。

登場人物は素晴らしい、ボクシング漫画史上最強の「鷹村」、昔イケメンの会長、輪島功一モデルの変則ボクサー「青木」、ヒットマンと称されるトーマス・ハーンズの完コピである「間柴」、等々主役級の脇役が多数います。

トーマス・ハーンズ

その他。

おすすめサイトによると「ろくでなしブルース」、「天上天下唯我独尊」とありますが、これらは不良マンガだと思っていました。ボクシング漫画なんですね。機会があれば読んでみたいです。

ヘビー級世界ランキング。WBA世界ランキング1978.12月、WBC1978.11月。

WBA
1978.12
ヘビー級
79.38kg以上
Championモハメッド・アリ
(アメリカ)⓪
1ケン・ノートン
(アメリカ)
2カリー・ノーツィ
(南アフリカ)
3レオン・スピンクス
(アメリカ)
4ジョン・デート
(アメリカ)
5ゲリーコーツィー
(南アフリカ)
6オシー・オカシオ
(プエルトリコ)
7デュアン・ボビック
(アメリカ)
8ジミー・ヤング
(アメリカ)
9アルフィオ・
リゲッティ
(イタリア)
10ドミンゴ・テリア
(アルゼンチン)
WBC
1978.11
ヘビー級
79.38kg以上
Championラリー・ホームズ
(アメリカ)①
1ケン・ノートン
(アメリカ)
2ジミー・ヤング
(アメリカ)
3アーニー・
シェーバース
(アメリカ)
4レオン・スピンクス
(アメリカ)
5レロイ・ジョーンズ
(アメリカ)
6アルフレド・
エバンヘリスタ
(スペイン)
7アルフィオ・
リゲッティ
(イタリア)
8ルシアン・ロドリゲス
(フランス)
9オシーオカシオ
(プエルトリコ)
10スコット・ルドー
(アメリカ)

ボクシングを覚えたての頃、「具志堅」や「村田英次郎」、「デュラン」や「ウイルフレッド・ゴメス」などの選手に夢中になったので「ヘビー級」はほとんど関心がありませんでした。が、見直せば、「ラリー・ホームズ」・「ケン・ノートン」・「レオン・スピンクス」などのスターの名前ははっきりと覚えています。

いかがでしたか?また更新します。今回は以上です。今後ともよろしくお願い致します。