スポンサーリンク

1983(昭和58)年の「南海ホークス」、暗黒時代6年め。リアルドカベン「香川伸行」ベストナイン選出!

南海ホークス
香川伸行
スポンサーリンク

2シーズン制終了。

前年で10年間行ってきた「前・後期制」の2シーズン制が終了。集客アップのための企画であったが実務においては効果が出なかったということなのでしょう。例えば:「前期」優勝チームが後期は力を抜いてしまう、例えば:前期の消化試合と後期の消化試合が発生し集客できない試合が増えてしまう、例えば:真に強いチームが前後期とも優勝してしまい当てにしているプレーオフが開催されない、など不人気リーグの集客アップにはつながらなかった。サッカーの「Jリーグ」でも数年しか続かなかった企画でした。

香川伸行

香川伸行、オールスター出場、ベストナイン選出。

リアルドカベン「香川伸行」の実稼働10年のうち、唯一の活躍年です。規定打席には届かなかったが、105試合出場、打率.313、15本塁打、打点61という成績でした。

オールスター第一線の先発メンバー

1島田 誠日本ハムファイターズ
2福本 豊阪急ブレーブス
3スティーブ西武ライオンズ
4門田博光南海ホークス
5落合博満ロッテオリオンズ
6テリー西武ライオンズ
7香川伸行南海ホークス
8石毛宏典西武ライオンズ
9大石大二郎近鉄バッファローズ
松沼博久西武ライオンズ

ベストナイン

東尾 修西武ライオンズ
香川伸行南海ホークス
落合博満ロッテオリオンズ
大石大二郎近鉄バファローズ
スティーブ西武ライオンズ
石毛宏典西武ライオンズ
島田 誠日本ハムファイターズ
テリー西武ライオンズ
蓑田浩二阪急ブレーブス
門田博光南海ホークス

1983年、南海ホークス。

穴吹監督1年め。5位になったのは、強くなったわけではなく、ロッテオリオンズのチーム内紛争が続きボロボロ状態が成績に現れ、弱いホークスの下を行ってしまったということだと思います。門田がホームラン王、山内和宏が最多勝のタイトルを獲得しながらも、「来年こそは!」という明るい材料はなく、年々「来年もダメだろう」と、気持ちも上がらなくなってきていました。暗黒時代はまだまだ続きます。

また更新します。今回は以上です。