スポンサーリンク

1985(昭和60)年、「南海ホークス」暗黒時代8年め。背番号「7」久保寺雄二、急逝。

南海ホークス
スポンサーリンク

昭和60(1985)年1月4日、26才の若さで「久保寺雄二」が実家で亡くなってしまった。風邪の悪化からの急性心不全だったとのこと。久保寺は、静岡の県立静岡商業で1974年の1年生時の夏(3年生エースが後に中日に入団する高橋三千丈)、2年生の春の選抜では、近鉄のスーパースター、大石大二郎と三遊間を組み出場。1976年のドラフト2位指名で1977年南海に入団。2年目には一軍定着。派手な打力はないが、複数ポジションを任せられるユーティリティープレーヤーとして活躍。4年めの1980年以降は毎年100試合以上出場、藤原満の引退後の1983年にはその後継として三塁手に、翌年には背番号「7」も引き継ぐことに。プロの世界で1ケタの背番号を付けるということは力を認められ、活躍を期待されるごくわずかの選ばれし選手のみです。そのユニホームを着る2年めを迎えることなく逝ってしまいました。本当に残念なことでした。

引用 スポニチ

この年、「昭和40年男」の野球関連ニュースが他に3点。

バックスクリーン3連発!

この3連発はただの3連発ではない。3発ともバックスクリーン(付近)へのホームランである。しかもただの三者連続ではなく、3番バース、4番掛布、5番岡田のスーパースターのクリーンナップの三者連続でありました。大学入学の数日後、当時借りたアパートの最寄り駅「小田急線・千歳船橋駅」近くの中華屋で「ホイコーロー定食」を食べながらお店のテレビで見たことをハッキリと覚えています。ピッチャーが槇原だということもあり、とても気分よくエキサイトしたものでした。呆然としたあの表情も槇原らしく、スッキリさせていただきました。阪神は、その勢いのまま21年ぶりのリーグ優勝、打線がすごかった。

両リーグとも三冠王誕生!

前年の「ブーマー」の三冠王に続き、この年は、「セ」がバース、「パ」が落合博満と両リーグともに三冠王が誕生。バースの記録は、.350・50本・134打点、落合の記録は、.367・52本・146打点と記録も素晴らしいものでした。

「KKコンビ」のドラフト明暗!

甲子園に連続出場していたPL学園の「KKコンビ」で注目を集めた清原和博と桑田真澄が注目のドラフトでした。巨人入りを望んだいた「清原和博」が6球団の競合の末「西武ライオンズ」が交渉権を獲得。巨人は、競合を避け早稲田大学進学が有力だった「桑田真澄」を単独指名で交渉権を獲得、清原の涙が印象的なドラフトでした。

【福島いわき】磐城高校、甲子園出場!

昭和50年夏以来の久しぶり子甲子園。昭和46年夏の準優勝の際「小さな大投手」と注目された田村隆寿(1979.1982の夏の大会で中畑清の母校・安積商業で監督として2回甲子園出場)が母校の監督として甲子園出場。残念ながら1回戦敗退。1985.8月11日のこと。翌日にあの日航機墜落事故。

1985南海ホークスは。

穴吹監督3年め。 44勝76敗10分で3年ぶりの最下位 。まだまだ暗黒時代を抜け出す道が見えません。

また更新します。今回は以上です。

Amazon.co.jp: Audibleブック・オリジナル
Audibleブック・オリジナル ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。