スポンサーリンク

昭和60(1985)年「西武ライオンズ」第1期黄金時代4年め。 V奪還!広岡達朗、監督最終年。

プロ野球
スポンサーリンク

チーム力充実、2年ぶりのリーグ優勝。

田淵・山崎裕之・江夏らベテランが引退したものの、中日から3年連続セ・リーグ最多安打の「田尾安志」、台湾から「郭泰源」を獲得、前年後半から台頭してきた若手メンバー、秋山幸二、辻発彦、金森永時、渡辺久信、工藤公康らの活躍で2位ロッテに15ゲーム差を付ける圧倒的の強さでリーグ優勝を果たします。

1石毛宏典ベストナイン
2金森永時ベストナイン
3田尾安志
4スティーブ
5片平晋作
6秋山幸二最多打点、40本・打点99
7伊東 勤ベストナイン
8岡村隆則
9辻 発彦
東尾 修ベストナイン、17勝3敗
松沼博久14勝6敗
郭 泰源9勝5敗
工藤公康最優秀防御率
週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ。

日本シリーズは、バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発(4月)で勢いづき21年ぶりにリーグ優勝を果たした「阪神タイガース」が4勝2敗で38年ぶりの日本一。三冠王のバース、40本の掛布、.342・35本の岡田、のクリーンナップ以外にも真弓、平田、佐野らのダイナマイト打線と甲子園、大阪の盛り上がりが凄く印象的でした。道頓堀に飛び込む人たちのニュースを思い出します。西武ライオンズの黄金時代は、広岡時代を第1期としこの年で終了、間をあけずに次年度からの「森祇晶監督」時代を第2期黄金時代として続いていきます。

シリーズ敗退の6日後、広岡監督退任発表。

敗退した日本シリーズの6日後、広岡監督の退任が発表されました。「健康上の理由での勇退」ということです。当時53才、我々「昭和40年生まれ男」より若かったんですね。「管理野球」を嫌っていた一部選手たちからは喜びの声もあったとか。この1985年のメンバーから後の監督が11人も誕生します。その多くが指導者の心がけに「広岡野球」を挙げているそうです。西武ライオンズでの監督成績は、4シーズン、520試合295勝204敗21引き分け、勝率.591でした。

1985年メンバーから監督11人!

東尾 修西武ライオンズ1995-2001
石毛宏典オリックス2002-20032003年は4/23途中解任
伊東 勤西武ライオンズ2004-2007
ロッテ2013-2017
田尾安志楽天2005初代監督
渡辺久信西武ライオンズ2008-2013
秋山幸二ソフトバンク2009-2014
田辺徳雄西武ライオンズ2014-2016
大久保博元楽天2015
工藤公康ソフトバンク2015ー至現在
森 繁和中日2016-2018
辻 発彦西武ライオンズ2017ー至現在

それではまた。今回は以上です。