スポンサーリンク

1987(昭和62)年、「南海ホークス」暗黒時代10年め。

南海ホークス
スポンサーリンク

こんにちは。ついに、「南海ホークス」としての暗黒時代は翌1988年で終了します。チーム順位が浮上するわけではなく、「ダイエー」に身売りしてしまうからです。「ホークス」の暗黒時代はまだ続くのですが・・・1987年は「南海」の暗黒時代の中でも唯一上位を狙えたシーズンでした。8月終了時に2位阪急との差が1.5ゲーム、もしかすると?!というところまで行ったのに、最終的には日ハムにも抜かれ4位に沈むことに。

杉浦監督2年め、4年目の「佐々木誠」を「1番センター」、3年目の「湯上谷宏」を「2番セカンド」に起用しチームの若返りを成功させます。投手陣は、「藤本修二」が15勝、「井上祐二」が抑えに定着、ダブル山内、2年め西川もそこそこに活躍。

名球会入り!一挙2名!

この年、1987年には、南海の選手2人が名球会入りしました。この年から南海入りしたレジェンド「加藤英司」が5月7日、阪急戦「山田久志」からホームランで達成、この年限りで引退、通算2055安打、39歳でした。

もう一人が「門田博光」、8月26日「工藤公康」から達成、39歳、1992年引退時の通算安打2566本(イチロー・松井稼頭央・松井秀喜を含め7位)、通算本塁打567本(王・野村に次ぐ3位)。

Amazon.co.jp: Audibleブック・オリジナル
Audibleブック・オリジナル ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

スターティングメンバー

1佐々木誠
2湯上谷宏河埜敬之
3山本和範
4門田博光
5デビッド
6山村善則
7ハモンド
8吉田博之香川伸行
9森脇浩司
藤本修二
引用 週刊野球太郎

「西武ライオンズ」3年連続リーグ優勝、2年連続日本一。

この年の優勝チームは「西武ライオンズ」。広岡監督最終年から森監督の2年を合わせ3年連続のリーグ優勝、日本シリーズでは「読売」を4勝2敗で下し、2年連続の日本一を達成します。メンバーもスパースターがずらり、まさしく「ライオンズ黄金時代」到来です。

1石毛宏典ベストナイン
2金森永時
3秋山幸二43本塁打・ベストナイン
4清原和博
5ブコビッチ
6安部 理
7伊東 勤ベストナイン
8田辺徳雄
9笘篠誠治(辻発彦)
東尾 修MVP
工藤公康ベストナイン

※オフに大事件発生! 反社絡みの麻雀賭博容疑により、東尾が年間の出場停止と減俸2,500万円の処分を受ける。今だったら大変!もっと重い処分になったでしょう。

「おニャン子クラブ」解散の年でもありました。いよいよ翌年「南海ホークス」最終年、「阪急ブレーブス」もオリックスに身売りとなります。

引用 aikuru.com

それでは、また更新します。今回は以上です。

Amazon.co.jp: Audibleブック・オリジナル
Audibleブック・オリジナル ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。