スポンサーリンク

昭和62(1987)年、「西武ライオンズ」第2期黄金時代2年め。シーズンオフ、東尾修「麻雀賭博」で書類送検。

プロ野球
スポンサーリンク

森監督2年めのシーズン、チーム打率リーグ最下位ながらも、圧倒的な投手力で、3年連続リーグ優勝&2年連続日本一を達成。

引用 日刊スポーツ

完投率50.76%。

日本プロ野球の完投率を少し調べてみたところ、昭和時代でも約34%、投手分業制が完全に確立した平成時代には約12%と下がり、令和時代の2019年に至っては、ライオンズ・ホークスともにわずか3試合(143試合制)にまで減っています。

この年の「西武ライオンズ」の完投数は66試合、年間130試合時代ですので率に直すとなんと50.76%、とんでもない数字でした。この年の投手陣は、工藤・東尾・郭泰源の3本柱が圧倒的でした。抑えは渡辺久信。

登板先発完投完封セーブ防御率 勝率
工藤 公康272623215402.41.789
東尾  修282717315902.59.625
郭  泰源222111213403.02.765
小野 和幸23204241103.86.267
渡辺 久信309515383.07.625
横田 久則188415201.64.714
松沼 博久1514208503.82.615

守備位置、背番号の変更。

この年は、守備位置と背番号に大きな変更がありました。

3年目の「田辺徳雄(背番号51→6)」がショートに入ったために、ショートの「石毛宏典」がサード、サードの「秋山幸二(24→1)」がセンターに移動、辻発彦が故障のためにセカンドには「笘篠誠治(40→4)」が定着。

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック
Audible オーディオブック ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

1987年の主なスタメン。

打線はリーグ最低打率と低迷する中、「秋山幸二」が初の本塁打王のタイトルを獲得、全試合出場は、秋山・石毛・清原の3人。故障の「辻発彦」も秋には復帰し日本シリーズで活躍します。

守備備考
1石毛 宏典 ベストナイン・ゴールデングラブ
2金森 永時
3秋山 幸二本塁打王・ベストナイン・ゴールデングラブ 
4清原 和博(2年め)130試合出場・29本
5ブコビッチ
6安部 理
7伊東 勤ベストナイン・ゴールデングラブ
8田辺 徳雄
9笘篠 誠治
工藤 公康最優秀防御率・最高勝率・ベストナイン
東尾 修MVP・ゴールデングラブ

清原、涙の日本シリーズ。試合中に号泣!

1987年の日本シリーズは「読売」との対戦、4勝2敗の圧勝。このシリーズで目立ったのは、①西武の走塁力、クロマティの緩慢守備の間にホームインする姿は何度も放送されています。試合前からの相手チームの研究、コーチと選手の綿密な打ち合わせなどが評価されていました。②シーズンに引き続き工藤公康の2完投勝ち、シリーズMVPに選出されます。③清原VS桑田の因縁の対決、最終戦のイニング中に流した涙が印象的でした。後楽園球場最後の日本シリーズです。

引用 週刊ベースボールONLINE

1987年の個人タイトル&表彰選手

最優秀選手東尾 修 西武
新人王阿波野秀幸近鉄
首位打者新井 宏昌近鉄.366
本塁打王秋山 幸二西武43本
打点王ブーマー・ウエルズ阪急 119点 
盗塁王大石 第二朗近鉄41
西村 徳文ロッテ41
最高出塁率門田 博光南海.428
最優秀防御率工藤 公康西武2.41
最多勝利山沖 之彦阪急19勝
最多奪三振阿波野 秀幸近鉄201
最高勝率工藤 公康西武.789
最優秀救援牛島 和彦ロッテ26sp

東尾修、麻雀賭博で書類送検。

このシーズンも活躍し、MVPに選出された「東尾修」、日本一になった契約更改時に1億円からアップの1億2500万円を保留し更なるアップを目指したものの、その後に反社会勢力の人たちとの麻雀賭博が発覚し、書類送検に。保留中の契約は、7,500万円に減額され更改、さらに球団から半年の出場停止、罰金2,500万円を言い渡されました。この件のためか調子を落とし、翌年限りで引退することに。その後、1995年からチームの監督に就任していますので最悪の事態は避けられたようです。今の時代ならもっと厳しい処分になっていたのではないでしょうか?1986年には近鉄デービスに殴られました。

引用 週刊ベースボールONLINE

それではまた更新します。

Amazon.co.jp: Amazon Music Unlimited
新曲から名盤まで、7,000万曲以上が聴き放題。気分や活動に合わせて聴くプレイリスト、好きなだけ楽しめるステーションも。オフライン再生も可能。