スポンサーリンク

1970年代の日本ボクシング。

ボクシング
スポンサーリンク

こんにちは、ブログ始めて1週間、「いやぁ、ボクシングって本当にいいものですね!」水野晴郎さんのセリフが思い出させられます。昭和40年生まれ男の私が1970年代と言っても、半分以上は後で知ったことばかりです。手持ち資料を改めて眺め、熱くなっております。

永遠のチャンピオン「大場政夫」

永遠のチャンピオン

甘いマスク、スタイリッシュな体型、初回のダウンを挽回し逆転KOの激しい試合、大場政夫は「絵になるボクサー」だったという。タイトルを5度防衛中のボクシング界のみならずスポーツ界のアイドルとして人気絶頂の時、愛車(シボレー・コルベット・クーペ)で激突死。映画スターの「ジェームス・ディーン」や「赤木圭一郎」同様、ヒーローのまま夭折(ようせつ)、1973年23才の時である。

70年代前半の日本人世界チャンピオン。

1952年「視聴率96.1%」伝説の男、「白井義男」さんが日本人初の世界チャンピオンになって以来、「ファイティング原田、「海老原博幸」、「藤猛(日系3世・アメリカ国籍)」の後、1960年代末に「沼田義明」、「小林弘」、「西城正三」と続々とタイトル獲得、1970年に永遠のチャンピオン「大場政夫」がタイトル奪取し1971年には同時に4人のチャンピオンがいたことになります。その後は、2階級制覇の「柴田国明」、カエル跳びの「輪島功一」がチャンピオンに。

「カエル跳び」「よそ見」の元祖、輪島功一。

炎の男・輪島功一

カエル跳びと聞くと、「はじめの一歩」の青木をイメージする方もいるでしょう。そして青木の得意技「よそ見」も輪島さんが実戦で使った奇策。輪島さんと言えばトリッキーなイメージですが、「カエル跳び」は実戦では一度きり、その後正攻法で6度も防衛、「炎の男」と呼ばれたスーパースターです。引退後はタレントとして大活躍、「だんごや」のイメージが強いですね。つい先ほど知りましたが、お孫さんは「ジャニーズジュニア」だそうです。

1974年、世界タイトル獲得。「OK牧場」ガッツ石松。

70年代中盤は、はなわの歌「伝説の男」である、「ガッツ石松」がWBCライト級のタイトルを1974年に獲得、1976年5月まで5回も防衛しています。【※タイトル奪取の前年(1973年)には、石の拳・ロベルト・デュランに敵地パナマで挑戦、10回KO負けしています。】当時の層の厚いライト級での5回防衛は本当に素晴らしい!そして元ボクサーのタレント活動では一番成功している人だと思う。1996年衆議院選挙に自民党候補として出馬し無残にも敗退。

1970年代中期の世界チャンピオン。

ガッツさんの後は短命王者が続きます。「大熊正二」、「花形進」、「ロイヤル小林」、3人とも防衛できずに散ってしまいました。※大熊正二は1980年に再度獲得し3度防衛。1976年具志堅がチャンピオンになりますが、寂しい時期が続いてしまいます。

スーパースター「具志堅用高」誕生!1976年10月。

具志堅がタイトルを奪取した後、ロイヤル小林が11月に防衛に失敗すると、世界チャンピオンは「具志堅用高」たった一人となったが、その後ご存じのとおり、ボクシング界を引っ張り続け13回も防衛することに。デビュー9戦目の挑戦ということで注目されていたのかと思いがちだが、当時は無名だったそうですね。

具志堅用高

1970年代末。

世界チャンピオンが具志堅ひとりの長い時代、当時の私は、具志堅の試合はもちろん全試合テレビの前で観ていましたが、心は雑誌の中の海外へ、「ウイルフレッド・ゴメス」、「カルロス・サラテ」、「ダニー・ロペス」へと。動画などの無い時代、「ボクシングマガジン」の隅々まで漁っていました。そして、1978年「工藤政志」がJ・ミドル級のチャンピオンに!軽量級ではなく、重いほうのクラスでびっくりさせられました。

1979.2月発表。WBA世界「J・フライ級」「フライ級」。ランキング。

WBA
1979.2
J・フライ級
48.98kgまで
フライ級
~50.80kgまで
Champion具志堅用高
(日本・協栄)⑦
ベツリオ・ゴンザレス
(ベネズエラ)②
1ラファエル・ペドロサ
(パナマ)
グティ・エスパダス
(メキシコ)
2アマド・ウルスア
(メキシコ)
プルデンシオ・カルドナ
(コロンビア)
3朴 賛希
(韓国)
ルイス・イバラ
(パナマ)
4バーナベ・ビラカンポ
(フィリピン)
ラモン・ソリア
(アルゼンチン)
5リゴベルト・マルカノ
(ベネズエラ)
ピーター・マセブラ
(南アフリカ)
6金 煥珍
(韓国)
マルティン・バルガス
(チリ)
7イラリオ・サパタ
(パナマ)
バレンティン・マルチネス
(メキシコ)
8鄭 相一
(韓国)
サムエル・マチョロ
(メキシコ)
9アルフォンソ・ロペス
(パナマ)
五十嵐 力
(日本・キング)
10タコムロン・ビボンチャイ
(タイ)
大熊 正二
(日本・新日本)

大熊正二が2回目のタイトルに向けフライ級10位に。

では、また更新します。今回は以上。

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック
Audible オーディオブック ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。