スポンサーリンク

1977(昭和52)年、「阪急ブレーブス」黄金時代3年め。

プロ野球
スポンサーリンク

この年、セ・リーグ「読売」の年間観客数は約295万人、パ・リーグ、黄金時代の「阪急ブレーブス」の年間観客数は約59万人、5分の1ですね。ちなみに、「南海ホークス」は約64万人、どちらかというと、「南海」との差のほうが興味ありますが、強い阪急が南海より観客数が少ないのは「なんば駅」と「西宮北口駅」の立地の差なのでしょうか?

3年連続「日本一」。

上田利治監督4年め。中日とのトレードで島谷金二、稲葉光雄を獲得し、ますます層を厚くすることになります。後期は「ロッテ」が優勝、金田監督の下、有藤・リー・山崎、エース村田兆次とメンバーは十分揃っていました。しかし、投打の総合力は圧倒的に阪急が強かった、3年連続の日本一となります。

1977年、スターティングメンバー。

1福本 豊 盗塁王、最多安打、ベストナイン 
2大熊忠義
3加藤秀司 最高出塁率、ベストナイン 
4高井保弘 ベストナイン 
5島谷金二  
6マルカーノベストナイン
7ウイリアムズ  
8中沢伸二  
9大橋 譲
山田久志MVP、最優秀防御率、ベストナイン
佐藤義則新人王
稲葉光雄最高勝率

世界の代打男。

「高井保弘」、通算代打本塁打27本の世界記録保持者です。この1977年からは長池徳士に代わり指名打者のレギュラーを獲得、ベストナインに選出されます。太めの体型から豪快な一発狙いのイメージがありましたが、バットコントロールに長けた巧打者、投手のクセを細かくメモにまとめて持ち歩いていたという研究家、伝説の職人でした。2019年12月74才でお亡くなりになってしまいました。

引用 スポニチ

「野村克也」解任。

1977年、南海は監督兼任の野村を解任することになります。野村と同時に「江夏豊」「柏原純一」もチームを去り、いきなりの戦力ダウン、翌年から「南海ホークス暗黒時代」が始まります。

では、また更新します。

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック
Audible オーディオブック ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。