スポンサーリンク

1978年11・12月、WBA・WBC統一チャンピオン。「石の拳・ロベルト・デュラン」

ボクシング
スポンサーリンク

こんにちは。今回は1978年(昭和53年)11月のWBC、12月のWBAのライト級の世界ランキングです。 注目は、その統一チャンピオン「ロベルト・デュラン」。後の「黄金のミドル(中量級)のビッグ4」のひとりです。

【石の拳】「Hands of Stone(ハンズ・オブ・ストーン)」

パナマのスラム街で生まれ育ち、世界ボクシング界のレジェンドにまで昇りつめた英雄。ライト級時代の殺人的なハードパンチは「石の拳」と称され、2016年には、「Hands of Stone(ハンズ・オブ・ストーン)」のタイトルで映画化されています。

「ノーマス!(もうたくさんだ!)」

ライト級のタイトル返上後は、レナードに勝ちウエルター級のチャンピオンに!しかし、その再戦の8Rに発したとされる「ノーマス!(もうたくさんだ!)」という言葉はボクシングファンの語り継がれる「事件」として有名。レナードの足を使った逃げ回るような戦法にいらいらしたのか、大金の動くボクシングビジネスに嫌気がさしたのか、映画でも掘り下げられています。

ランキング表。ライト級(WBA、WBC)

WBA
1978.12
ライト級
~61.23kgまで
Championロベルト・デュラン
(パナマ)⑫
1アルフレッド・
ピタルア
(コロンビア)
2ビロマール・
フェルナンデス
(ドミニカ)
3ジョニー・リラ
(アメリカ)
4エルネスト・エスパナ
(ベネズエラ)
5エドウィン・ビルエト
(プエルトリコ)
6クロード・ノーエル
(イタリア)
7モーリス・ワトキンス
(アメリカ)
8ジム・ワット
(イギリス)
9呉 英鎬
(韓国)
10ペドロ・アコスタ
(パナマ)
WBC
1978.11
ライト級
~61.23kgまで
Championロベルト・デュラン
(パナマ)⑫
1アルフレッド・
ピタルア
(コロンビア)
2ジム・ワット
(イギリス)
3ビロマール・
フェルナンデス
(ドミニカ)
4アンディ・ガニガン
(アメリカ)
5モーリス・ワトキンス
(アメリカ)
6レニー・ブラックモア
(ギアナ)
7セルソ・エスメロ
(フィリピン)
8セノン・シルガド
(コロンビア)
9セバスチャン・
モスケラ
(パナマ)
10クロード・ノエル
(トリニタードトバコ)

黄金のミドル(中量級)

今回取り上げた「ロベルト・デュラン」、「シュガー・レイ・レナード」、「トーマス・ハーンズ」、そして、「マービン・ハグラー」の4人を1980年代、ヘビー級よりも人気のあった「黄金のミドル、ビッグ4」と呼ばれています。その中でもデュランはライト級から階級を上げていったため、(個人の見解)全盛期の体型と比べると太って、少し衰えた感を感じていました。

また更新します。今回は以上。