スポンサーリンク

1978(昭和53)年、「南海ホークス」、暗黒時代の1年目。

南海ホークス
スポンサーリンク

こんにちは。「昭和40年生まれ男」中学校1年生の時。サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」は、テレビでもラジオでもなく少年ジャンプの「すすめ!パイレーツ」で知り、長髪の松山千春の「季節の中で」がヒットした年でした。

野村克也の解任から戦力ダウンしたことは間違いなく理解できましたが、まさかまさか、あれほど長い「暗黒時代」が続くとは、この頃の私には想像することすらできませんでした。

レジェンド 藤原満

1977(昭和52)年9月、野村克也監督解任。

選手兼任監督だった野村克也がシーズン中に解任、シーズンオフに野村に近かったとされる「江夏豊」、「柏原純一」もトレードでいなくなってしまった。小学校6年生、中学生になる直前、季節は秋から冬、大好きなチームからヒーローたちが一気にいなくなってしまいガッカリしてしまいました。東北地方の田舎町、父親の影響で物心ついてからの「南海ホークス」ファンだった私、もちろん周辺には南海ファンなどいるはずもなく、この件について誰かと語ることもなかったはずです。ただ、この時にはその先の「暗黒時代」を知る由もなく、それだけが救いです。

1978(昭和53)年、前期後期完全最下位。

当時のパ・リーグは、前期・後期の2期制、その2期とも最下位となります。そして、勝てない・弱い時代の始まりとなりました。しかし、私は大ファンのまま翌年の活躍を期待し続けるのです。ちなみにこの年優勝は「阪急ブレーブス」、前後期の完全優勝です。この頃の阪急は、山田・足立・山口高志・佐藤義則、そしてこの年完全試合を達成する今井雄太郎、打線は、福本・大熊・加藤秀司・島谷・マルカーノ・ウイリアムズ・長池・中沢・大橋譲と略することなく9人全て書ける凄いメンバーでした。日本シリーズは、忘れもしない上田監督の猛抗議、長時間中断のあの試合でした。

1978年、スターティングメンバー

南海打線はというと、藤原・新井・門田・メイ・片平・小田・桜井・黒田・定岡、門田博光以外はぱっとしない成績で終わっています。ピッチャーは、山内新一・藤田学・森口・佐藤道郎というところです。

大阪球場。

「昭和40年生まれ男」が、後悔しているのは、一度「大阪球場」に行ってみたかった、と。ダイエーに身売りが決定し最後の試合となったのが、1988年秋でした。ギリギリ大学生の頃でしたので「行くぞ!」となれば行けたはずなのに、東北人にとって「大阪」は怖いところでした。ホント行っとくべきだった。

「福岡ソフトバンクホークス」、「東北楽天イーグルス」。

現在、ホークスは「ソフトバンク」をオーナーに存在していると言う方もいると思いますが、「ダイエー」時代は選手とともに「弱さ」も引き継いでいましたので愛着もありましたが、今のチームは名前だけホークスというだけで、まったく愛情が持てなくなってしまいました。どちらかというと嫌いなチームになっています。東北のチームだからと「イーグルス」に目を向けても、東北に縁もゆかりのない人がオーナーで、とても応援する気にもなれません。パ・リーグファンとしてプロ野球を楽しんではおりますが、好きなチームが無いのはちょっと寂しいですね。「サンドウイッチマン」を中心に市民球団のようになったら夢がありますね。16球団制が実現したら、三木谷さんにはどこか他のチームを買ってよそに行って頂けると助かります。

2020年の春、開幕時期の見込みが立たない状況、コロナが終息し、シーズンが開幕できることを切に願っています。

では、また更新します。今回は以上。