スポンサーリンク

1982(昭和57)年、日本プロボクシング。「浪速のロッキー」赤井英和。

ボクシング
渡嘉敷防衛
スポンサーリンク

1982年は、WBAジュニアミドル級の「三原正」、WBAジュニアフライ級の「渡嘉敷勝男」、2人の世界チャンピオンで始まります。

2月、「三原正」88日で敗れる。

前年11月にアメリカで、空位だったWBAジュニアミドル級の王座決定戦で判定勝ちし手にしたタイトルを88日後には手放します。22歳の若い黒人ボクサーの容赦のないパンチを次々に叩きつけられ5Rにダウン、6Rには3度倒されてのKO負け。完敗でした。

「トカちゃん」は3度防衛成功。

12月にWBAジュニアフライ級のタイトルを奪取した「渡嘉敷勝男」は無事に守り切ります。具志堅の所属した「協栄ジム」の後輩にあたる渡嘉敷は、会長から具志堅の「カンムリワシ」に対し「ヤンバルクイナ」というキャッチフレーズを命名されます。

防衛回数試合日時結果対戦相手試合会場
14.4判定ルベ・マデラ(メキシコ)宮城県スポーツセンター
27.7KO8R2’35”伊波政春(東海カワイ)蔵前国技館
310.10判定金 成南(韓国)後楽園ホール

「渡辺二郎」、「友利正」、新世界チャンピオン誕生。

1982年4月8日、「渡辺二郎」がWBAジュニアバンタム級のタイトルを奪取。年内に2度防衛し、防衛回数をさらに積み重ねていきます。

防衛回数試合日時結果対戦相手試合会場
17.29TKO9Rグスタボ・バリャス(アルゼンチン)大阪府立体育館
211.11TKO12R1’46”大熊正二(新日本木村)浜松市体育館

その5日後、「友利正」がWBCジュニアフライ級を獲得、ジュニアフライ級は日本人で独占することになります。が、残念ながら、11月に日本人の天敵「イラリオ・サパタ」にTKO負けしタイトルを失います。

浪速のロッキー「赤井英和」。

現在、テレビのバラエティーや映画・ドラマでの俳優などで大活躍の「赤井英和」、ボクサー時代にはもっと派手で大注目、大活躍でした。赤井が引退するのは、現役最終戦の「大和田正春」戦で7RでのKO負けの後に意識不明に。命の危険もあった重篤な症状であったが何とか無事に回復。ボクサー復帰も検討したらしいが医者からの引退勧告で断念。

ボクシングマガジン

高校時代からボクシングを始め、大学時代にはオリンピックを目指すが届かずに21才学生のままプロデビュー。デビュー戦から12試合連続KO勝ちは当時の新記録、ノンタイトル戦でもテレビ中継されるほど「浪速のロッキー」として大人気、大注目されていました。プロ戦績21戦19勝(16KO)2敗、2敗は1983年7月の世界挑戦失敗と最後の試合です。

1982年の世界挑戦。

日時挑戦者結果タイトルチャンピオン
12.10石井幸喜(日東)KO8R0’47”WBC J・バンタム金喆鎬(韓国)
27.4亀田昭雄(協栄)TKO6R1’44″WBA J・ウエルターアーロン・プライヤー(アメリカ)
タイトル獲得試合・防衛戦・日本人同士のタイトルマッチを除く。

他に、「伊波政春」が渡嘉敷に、「大熊正二」が渡辺二郎に挑戦。

ではまた更新します。今回は以上です。

Amazon.co.jp: Audibleブック・オリジナル
Audibleブック・オリジナル ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。