スポンサーリンク

黄金のミドル
マーベラス・マービン・ハグラー
2021.3.13.死去

ボクシング
スポンサーリンク

訃報、マーベラス・マービン・ハグラー、66歳で死去。

1980年代のプロボクシング中量級全盛の時代、
『シュガー・レイ・レナード』『トーマス・ハーンズ』『ロベルト・デュラン』と並び、黄金のミドルビッグ4と称されたひとり、『マーベラス・マービン・ハグラー』が亡くなったとの訃報。
ビッグ4のなかでも最強のボクサー、石の拳・デュランとヒットマン・ハーンズを退け、現役の最終戦であるレナード戦では際どい僅差の判定負けとなってしまったが、下の階級から上がってきた他3人に対し、ミドル級の王座に居続け、その挑戦を退けたスキンヘッドの強面チャンピオン、引退後はふっくらとし、優しい笑顔の写真を見かけることもありましたが・・・
66歳天国に行くには早すぎる年齢でした。合掌。

マーベラス・マービン・ハグラー戦績

1973年5月プロデビュー。1980年9月、アラン・ミンターからWBA・WBC統一ミドル級王座を奪取、以来統一王座を12回防衛(IBF王座5回)、1987年4月、シュガー・レイ・レナードとの13回目の防衛戦で1-2の僅差の判定(110-118、115-113、113-115)で敗れ引退。
通算戦績、67戦62勝(52KO)3敗2分。