スポンサーリンク

今日の福島県大会(2021/07/12)
聖光学院の14回連続出場を阻止するのは?
第103回全国高校野球選手権大会
夏の甲子園福島県大会2021

高校野球
スポンサーリンク

第103回全国高校野球選手権・福島県大会

第103回全国高校野球選手権福島県大会(2021年)は、7/7に開幕、7/25の決勝戦に向け球児たちの熱い戦いが始まりました。
日程は、前期が7/7~7/11、後期が7/15~7/25。
注目は、戦後最長記録の13回連続出場中の聖光学院が記録を14回に伸ばし、戦前を含めた最長タイ記録を達成するか、はたまた、その連続記録を阻止する学校が現れるか?

今日の福島大会(2021.7.12)

大会6日目、2021.7.12(月)は、大注目の、第2シードの聖光学院が登場!

いわき光洋 vs 聖光学院(第2シード)

7月12日(月) 9:00 信夫ケ丘球場
2回戦 いわき光洋(いわき市・県立)vs 聖光学院(第2シード、伊達市・私立)

7回コールド。
聖光学院の次戦は、帝京安積、日時未定。

安達高校 vs 福島商業高校(第4シード)

7月12日(月) 11:45 信夫ケ丘球場
2回戦 安達高校(二本松市・県立)vs 福島商業高校(第4シード、福島市・県立)

福島商業高校の次戦は、学法福島戦。

勿来工業 vs 郡山高校

7月12日(月)11:00 ヨーク開成山スタジアム
2回戦 勿来工業高校(いわき市・県立)vs 郡山高校(郡山市・県立)

6回コールド、
郡山高校の次戦は、会津北嶺高校と。

まとめ

第103回全国高校野球選手権福島県大会は、68チーム(連合チームが2チーム、73校)が出場。
雨天順延のため、6日目の7/12、前期日程が終了、
シード8校のうち6校を含めた勝ち残り32チームで後期日程を戦います。