スポンサーリンク

外出自粛中に、「50代が在宅でできる仕事」を考えてみた。

ひとりごと
スポンサーリンク

昨年は「台風」、年明けたら「コロナウイルス」、過去に経験のない事態が次から次へと、「昭和40年生まれ男」は今年55才、体力の衰えなどから、以前に言っていた「いざとなったら、肉体労働でも何でもやって・・・」ということも現実的には簡単なことではなくなってきてしまいました。体力が必要ない仕事を考えてみました。が、黙って儲かる仕事は当然ありませんので、我々にはおじさんになるまでに経験してきたという「武器」がありますから、大いに活用すれば上手くいくのではないでしょうか?

Amazon.co.jp: Audibleブック・オリジナル
Audibleブック・オリジナル ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

AMAZON KINDLE(キンドル)で作家デビュー!

詩集・絵本・小説、ブログをやってる人なら投稿済みのものを編集し直して。いつも使ってる「word(ワード)」を使って、いつも通りの横書きでOKです。発行の仕方は検索すれば色々な方が教えてくれています。難しくありません。あれこれ深く悩まずにまずは1作!「99円から20,000円」の間で自分で価格を決められます。

ユーチューバー!

同年代の人たちに、「ユーチューバーになってみたら?」と言うと100%のひとが「いやぁー・・・」と否定します。私も「そりゃそうだな、」とは思います。我々が思う「ユーチューバー」って、お笑い芸人の延長線のような人たちをイメージしてしまうからかもしれません。

今、急速に「テレビ離れ」が進んでいます。逆に言うと「動画視聴者」が増え続けている状態です。頭をひねれば、自分が持つ「技術」、「知識」、「経験」や「趣味」で【動画】に出来ることがあると思います。広くたくさんの人に見てもらう必要は無く、自分の【動画】を必要とする一部の人をファンにすることが出来れば。

高価なカメラやマイクは必要ありません。スマホ1台で撮影も、簡単な編集もできるようになっています。顔を出せる人は堂々と出ればいいし、顔出ししてない人もたくさんいます。売れっ子になった時ではなく、「YouTube」に動画をアップした瞬間にユーチューバーデビューです。私もチャレンジ中です。

「ココナラ」で自分のスキルを売る。

「ココナラ」、「ランサーズ」というサイトはご存知でしょうか?自分の持つスキルをこれらのサイトを通して売ることが可能です。

簡単に言うと、「技術の提供を必要とする人」と「その技術を提供できる人」を結びつけてくれるサイトです。お互いに希望価格がありますので、最初から思う通りの価格で売れるかどうかの補償はありません。仕事をこなして評価を上げて価格を見合ったものに上げていければ稼げる可能性がありそうです。

サービスのカテゴリを見てみると、「イラスト作成」や、「WEBデザイン」、「データ整理」、「資料作成」、「翻訳」、から「音楽制作」、「悩みごと相談」なんてものまであります。スキルは、「売る」だけでなく「買う」こともできますので、自分の詞に「作曲」してもらって、「YouTube」で歌えばユーチューバーにもなれますね!

アフィリエイト。

アフィリエイトとは、自分で作る「ホームページ」や「ブログ」に企業などの広告を掲載して、ページの訪問者がその広告をクリックして商品を買ってくれれば、その成果報酬として収入になる仕組みの事です。その商品も自分の好きな(得意な)ジャンルのものが選べるようになっています。月に数百万円稼いでる人たちも結構いるそうです。「アフィリエイトとは?」で検索すると詳しい解説がたくさん読めます。

初期費用がほとんど必要なく、許可や資格も不要ですからすぐに始められます。パソコンとネット環境があれば外出先でも可能です。やり始めてからギブアップしても借金が残るわけでもなく「ノーリスク」ですね。

ブロガー。

ブロガーとは?「ブログ」を書く人です。「プロブロガー」とは、ブログを書くことで収入を得、生活している人のことです。

どのように稼ぐかというと、アフィリエイトと同じようにページの広告をクリックしてもらったり、クリックしたうえで買ってもらこうことで成果報酬を得ます。「アフィリエイト」が直接的に広告商品に関する記事を書くことに対し、「ブログ」は読者さんの興味ある記事(広告商品とは直接関係しない)を書いて読みに来てもらう、という感じでしょうか。「旅行記」を書く人、「車」、「バイク」、「食べ歩き」など、なんでも記事にしてOKです。ただし、相当数の読者を呼び込まないと十分な金額には達しません。私は約1ヶ月で「5円」でした(規則によりある金額に達するまで現金化されません)。根気強く書き続ける気力とネタ数が必要です。「広告記事」と違い書いた記事は永遠と資産となって増え続けます(希望的観測)。

せどり。

商売の大原則は、「安く買って高く売る」ということです。が、今回の「マスク」に関しては、現実的な状況と売りに出した悪質な価格帯が問題となって規制されて当然の結果だと思います。

これも、ネットやYouTubeで調べるとたくさんの情報が見れます。例えば、「メルカリ」で購入したものを「ヤフオク」で売る、近所のホームセンターで特売で売っていたものを「AMAZON」で売る、ブックオフで買ってきたコミックやCDを「○○○」で売る、国内で買って海外で売る、など購入方法や販売手段は様々ですが、買った金額に利益を乗せて売ることが出来れば、その差額が稼ぎとなります。かんたんそうに思いますが、価格には動きがありますのでしっかりとした調査が必要です。たくさん仕入する場合には置き場所が必要ですし、大きく売り上げが増えた場合にはしっかり申告しなければいけません。

不動産の転売、株式投資など。

これは資金力と経験がものを言います。私には挑戦できる権利がありません。

元気なうちに楽しみましょう!

我々「昭和40年生まれ男」も55才、時代が違えばそろそろ寿命を迎えていたところです。体も脳も元気を維持して残り人生楽しみましょう!テレビでは「テレワーク」のニュースをよく見ます。機会がありましたら、「テレビ会議」風の飲み会でも企画しましょう!