スポンサーリンク

「包丁人味平」牛次郎×ビッグ錠、1975(昭和50年)少年ジャンプ

マンガ
スポンサーリンク

「昭和40年生まれ男」小学校4年生の10才、毎日毎日近所の公園でソフトボール。それ以外の記憶がほとんどありません。
当時の「少年ジャンプ」には名作がズラリ。

アイキャッチ画像は、photoBさんによる写真ACからの写真 です。

包丁人味平

1973年~1977年連載、ジャンプコミックス全23巻。原作:牛次郎×作画:ビッグ錠。後に「木村一八」主演でドラマ化もされました。
料理マンガの古参であり名作。命がけの特訓、次々に現れるライバルとの料理対決などを経験しながら料理人として成長していく。展開に荒っぽさも感じますが当時は斬新な料理マンガ、次々と追いかける料理マンガの祖として許容しましょう。

「包丁人味平」の試し読みはコチラ から。

流れ

「包丁試し」編~「点心礼勝負」編~「荒磯勝負」編~「カレー戦争」編~「ラーメン勝負」編。

料理マンガの進化

職人を主人公にした物語から、料理を評論する物語、家庭料理主体であったり、お腹いっぱい食べまくる展開、まだまだ進化しそうです。

引用:Amazon
孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)