スポンサーリンク

「ホラー漫画」【エコエコアザラク】古賀新一、1975(昭和50年)の少年チャンピオン

マンガ
スポンサーリンク

「昭和40年生まれ男」小学校4年生の10才、毎日毎日近所の公園でソフトボール。
当時(1975年)の少年誌は130円、コミックスは250円。
「少年チャンピオン」には超人気作品がズラリ。

アイキャッチ画像は、photoBさんによる写真ACからの写真 です。

「エコエコアザラク」古賀新一

1975年から1979年「週刊少年チャンピオン」連載、コミックス全19巻。

引用:AMAZON

古賀新一「エコエコアザラク」第1巻の試し読みはコチラです。

当時は「少年チャンピオン」が大人気、小学校4年生、毎週楽しく読んでいた私に恐怖の時間が訪れました。「エコエコアザラク」の呪文、秘密を守らなかった結果として「死」、怖いというより気持ち悪くなりました。が、ついつい読んでしまうのでした。

1975(昭和50)年の「週刊少年チャンピオン」

昭和50年のチャンピオンの連載は、誰もが知る名作が勢ぞろいしていました。
・ドカベン(水島新司)
ブラックジャック(手塚治虫)
750ライダー(石井いさみ)
がきデカ(山上たつひこ)
・恐怖新聞(つのだじろう)
・魔太郎が来る!(藤子不二雄)
・ふたりと5人(吾妻ひでお)
等。

週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念 伝説の最終回 昭和版: 週刊少年チャンピオン創刊50周年記念