スポンサーリンク

エコキュートが故障してしまった時は?~火災保険に加入する時に知っておくこと。

火災保険
スポンサーリンク
RRiceさんによる写真ACからの写真

元住宅会社の営業マンのファイナンシャルプランナーが、加入者側からの視点でわかりやすく火災保険の解説をしています。
※アイキャッチ画像は、himawariinさんによる写真ACからの写真 です。 

エコキュートは家財?・・・建物です。

「エコキュート」とは?
オール電化住宅などで使う給湯システムのことで、建物外部にヒートポンプユニットと貯湯タンクを設置します。
建物の外部にあり電気製品の類なので「家財」だた考える方もいらっしゃいますが、
建物に緊結され動かない状態に設置されるため、火災保険では「建物」となります。

エコキュートが故障してしまった時。

エコキュートが故障してしまった場合、火災保険の保険金は支払われるか?というと、故障の原因により火災保険が適用されます。
■火災、落雷、破裂爆発
■風災、ひょう災、雪災
■水災(床上浸水または地盤面より45cm以上の浸水の場合、あるいは、建物再調達価額の30%以上の損害の場合)
■物体の落下・飛来・衝突
■盗難
を原因とした損害であれば火災保険金の請求が可能です。

保険金が支払われない場合。

契約者や被保険者の故意、重大な過失、法令違反による場合、
製品の欠陥、劣化の場合には保険金は支払われません。

保険金が支払われない場合~火災保険に加入する時に知っておくこと。

まとめ。

故障の場合には、原因をしっかりと把握し、補償内容に該当する場合には保険金を請求してください。
「火災保険」の場合には、「自動車保険」のように保険金を使った後の更新時の保険料が高くなってしまうことはありません。

私の著書でございます・・・

Amazon
5分で読める「火災保険の入り方」

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)の会員の方は無料で読めます。

火災保険に特化したサイトを作成中です。『火災保険の取り扱い説明書』