スポンサーリンク

1978年12月発表、WBA世界ランキング(J・フライ級)

ボクシング
スポンサーリンク

こんにちは。今回は1978年(昭和53年)12月の、WBA・ J・フライ級の世界ランキングです。

皆さんご存知の「あの具志堅さん」がチャンピオンの頃です。信じられない方もいるかもしれませんが、「モンスター井上尚弥」以上のスーパースターだった時代です。タレントとしてテレビに出始めた時にはさすがに驚きましたが、 お笑い芸人以上の面白さでテレビで大活躍中ですね。

昭和53年の芸能ニュースは?

昭和53年12月は、我々昭和40年生まれ男たちは中学校1年生、思春期に突入し、異性を意識し始めた頃でしょうか?

そして、この昭和53年は、ザ・ベストテンが放送開始(1月)、キャンディーズの解散コンサート(4月)、(6月に)サザンオールスターズがデビュー、「白い巨塔」の主役だった田宮二郎が猟銃自殺(12月)・・・という年でした。

1978年12月、WBA J・フライ級ランキング

さて、ランキング表です。WBA(世界ボクシング協会)のジュニアフライ級。当時の最軽量クラス、体重は108ポンド(48.98kg)以下。(1978.12.12発表)

当時のチャンピオン具志堅さんは、足を使った防御が天才的でまったく負ける気がしなかった、そして、期待通りのKO勝ちの試合が多く安心してテレビの前で応援していました。

WBA J・フライ級   1978.12.12発表
Champion 具志堅用高
(日本・協栄)⑥
1 リゴベルト・マルカノ
(ベネズエラ)
2 ラファエル・ペドロサ
(パナマ)
3 アマド・ウルスア
(メキシコ)
4 朴 賛希
(韓国)
5 バーナベ・ビラカンポ
(フィリピン)
6 金 煥珍
(韓国)
7 イラリオ・サパタ
(パナマ)
8 鄭 相一
(韓国)
9 アルフォンソ・ロペス
(パナマ)
10 ルイス・エスタバ
(ベネズエラ)

具志堅の防衛戦の相手、「リゴベルト・マルカノ」「 鄭 相一」「アルフォンソ・ロペス」が、 ランキングに入っています。

1978年は王座認定団体は2つのみ。

当時は、プロボクシングの王座認定団体は、WBAとWBC(世界ボクシング評議会)の2つの団体しかなく「統一戦」と聞くと文字通り、どちらが統一するのかワクワクしたものです。団体が4つもあると「一部統一」みたいな残念感を感じます。同時期の「ウエルター級」にはチャンピオンになる前のスーパースター、レナードやハーンズ、「ミドル級」にはハグラー等、すごい名前が普通に書かれています。近い時期に投稿させていただきます。

年代・階級を変えて定期的に更新していきます。ご希望などありましたらお知らせください。楽しんでいただけるものを投稿します。

今回は以上。

コメント