スポンサーリンク

火災保険の保険金の使い道は自由です。

火災保険
スポンサーリンク
きぬさらさんによる写真ACからの写真

住宅営業OBのファイナンシャルプランナーが加入者視点でわかりやすく火災保険の解説をしています。※アイキャッチ画像は、RRiceさんによる写真ACからの写真 です。

今回は、「よくある質問」、保険会社から支払われた保険金の使い道の解説です。

保険金が支払われ、無事に修理工事が終わりました。

強風により建物に損害が発生、保険金請求の手続きをし保険金が入金、修理工事も完了したので工事費の支払いも完了。
その後に質問されました。
「修理業者さんからの請求額が、見積もりの額よりも安くなっていました!」
と、
「差額はどうすれば良いのでしょうか?」

保険金の使い方に制限はありません。

前段の質問の答え、
「特に何もする必要はありません。」
実は、保険金の使い方にはなにも決めごとが無いのです。
皆さんが加入する火災保険は、
「保険期間中に、対象とした建物(家財)に、選択した補償内容が原因で損害が発生した場合に保険金を支払う」ことを約束したものになっています。
「支払う」ことまでの約束であり、「使い方」までは約束されていないのです。
ですから、
保険金から支払った後に手元に残ったお金は、貯金として残しても、ご家族で美味しいものを食べても、ご自由にお使いいただいて結構です。

保険金請求の際の「見積書」について。

保険金の支払いは、契約者からの「請求」に基づいて行われます。
その請求の際には、「損害状況の写真」と「見積書」を添付します。
この添付した見積書が頭から離れないために、
見積書の内容に合わないこと、例えば、業者を変更すること、工事内容を変更することには、とても抵抗感をもってしまいます。お気持ちはよくわかります。

保険会社は、支払う「保険金」を決めるために提出された見積書を精査し、根拠とします。
もちろん、保険会社では数多くの見積書を見てきた人たちがチェックするのですから、
不自然に高い見積書や工事項目が見当はずれ(損害箇所以外の工事が含まれている等)の見積書などは一目瞭然ですので、保険金をたくさんもらおうという虚偽の見積書は通用しません。
また、「直接工事する近所の大工さん」の見積額と「下請け・孫請けまで使う大手のハウスメーカー」の見積額にかなりの差があることも重々承知です。それに対しても、安い業者で工事するように指示することもありません。

「見積書」は、支払う保険金額が決定された後は要済みです。
ですから、
 ①予定通りに工事しても良いし、
 ②見積もり時より安い請求額の場合にはその通り支払えば良いし、
 ③見積もりをとった業者以外の工事業者に依頼しても良いのです。

極端に言うと、修理しなくてもOKです。

さらに続けますと、
保険金は、修理工事をせずに、旅行に行ったり、買い物したりしても「詐欺罪」で逮捕されることはありません。(損害が発生したことが「嘘」の場合には捕まります。)

ただし、工事をしなかったことにより、同じ個所に再度損害が発生した場合には保険金は支払われません。

まとめ。

保険の対象に損害が発生し、保険金が支払われた場合に、その保険金の使い道は自由です。

最後に。

毎年毎年、「記録的な大災害」が発生し続けています。今までの感覚で「大丈夫」だと思っていた所にも被害が及んでいます。
まずは、人命第一。決して油断することなく早めに避難すること。
事前には、大切な家族との万が一の時の連絡手段の確認。

そして、元の生活に早く戻るために「火災保険」は何よりも有効です。
質問事などは「お問い合わせフォーム」から、お気軽にご活用ください。