スポンサーリンク

【福島いわき】いわき市がロケ地の映画
いわきでロケが多い理由
2021年にはアニメ映画「フラ・フラダンス」公開予定!

福島いわき
スポンサーリンク

いわき市で映画のロケが多い理由

福島県いわき市、「水曜日のダウンタウン」で大活躍中の『あかつ』の出身地です。
いわき市は映画のロケが多い町だといいます。

「海」あり「山」あり「適度な街」ありで使い勝手も良いのだと思います。
都市部では見られない「漁村」や「昔の炭鉱町の名残り」など、良い所がたくさんあります。

しかし、決定的な理由は、

晴れの日が多いため だと言われています。

確かに、太平洋に面した地域ですので真夏でも比較的涼しく、東北地方ですが、冬でも雪は降らず快晴の日が多い気候です。

気候に関係の無い「アニメ」映画が来年公開されます。

2021年初夏公開予定『フラ・フラダンス』

https://twitter.com/hiwa0723

『フラ・フラダンス』
スパリゾートハワイアンズのダンスチームの新人フラガールの成長物語。

フラ・ガールと言えば

2006年公開『フラ・ガール』

「スパリゾート・ハワイアンズ」の前身「常磐ハワイアンセンター」の誕生~成功を描く物語。

他にも、いわきロケ地の映画は多数あります。

2019年7月公開『アンダー・ユア・ヘッド』

【キャスト】高良健吾、西川可奈子、【監督】安里麻里、【原作】大石圭『アンダー・ユア・ベッド』、
ホラー小説の映画化。

2017年公開『二十六夜待ち』

【キャスト】井浦新、黒川芽以、【監督】越川道夫、【原作】佐伯一麦『二十六夜待ち』、

「海辺の生と死」の越川道夫監督が佐伯一麦の同名小説を映画化し、東北の小さな町を舞台に紡ぐ大人のラブストーリー。震災ですべてを失い、福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働くことに。店主の杉谷は過去の記憶を失っており、覚えていることは手が料理をしていたということだけ。・・・・・引用「映画.com(https://eiga.com)」

2016年公開『超高速!参勤交代リターンズ』佐々木蔵之介・深田恭子

【キャスト】佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、等多数、【監督】本木克英、

時代劇コメディ「超高速!参勤交代」の続編。

2014年公開『家路』松山ケンイチ

【キャスト】松山ケンイチ、田中裕子、安藤サクラ、等【監督】久保田直、

東日本大震災後の福島に暮らす家族の喪失と再生を映し出したドラマ。先祖代々の土地を守って暮らしていた総一は、震災の影響で故郷を離れることを余儀なくされ、やり場のない怒りを抱えながら先の見えない毎日を送っていた。そんなある日、・・・・引用「映画.com(https://eiga.com)」

2011年公開『星守る犬』西田敏行

【キャスト】西田敏行、玉山鉄二、川島海荷、等【監督】瀧本智行、【原作】村上たかし、

村上たかしのベストセラーコミックの映画化。

2010年公開『彼岸島』

【キャスト】石黒英雄、渡辺大、水川あさみ、等【監督】キム・テギュン、【原作】松本光司、

松本光司の人気コミック(コミックス全33巻)を実写映画化したサバイバル・アクション。

2007年公開『真夜中のマーチ』直木賞作家・奥田英朗のドラマ化

【キャスト】玉山鉄二、窪塚俊介、香椎由宇、等【監督】下山天、【原作】奥田英朗、

クライム・サスペンス。横山健司と一三田総一郎は賭場で数千万単位の金を動かしている美術商・黒川から大金を横取りしようと思いつく。黒川の娘・千恵と知り合った彼らは、父親を嫌っている彼女と手を組んで行動を開始するが……。引用「映画.com(https://eiga.com)」

2005年公開『容疑者 室井慎次』

『踊る大捜査線』のスピンオフ。
「飲み歩っていた街も角度変えるとこんな風に見えるんだ!」と驚きました。

1996年公開『釣りバカ日誌 8』

1991年『遊びの時間は終わらない』本木雅弘

防犯訓練のために強盗に扮することとなった、融通のきかない巡査、平田。 その訓練はマスコミのウケをねらって、筋書きをなくしたリアルなものだった。そのために、予想外の事態が続出。 そんななか、平田は次第に犯人役にのめりこんでいき、いつのまにか暴走を始めていく・・・。

まとめ

他にも多数あります。テレビドラマの撮影にも使われる機会もあるみたいです。

いわき市は、
「あかつ」以外にも「ゴージャス」や「アルコ&ピースの平子」の出身地でもあります。

テレビ東京で「ゴット・タン」という番組を手掛ける「佐久間宣行」さんもいわき出身です。

mistersatomi
mistersatomi

水道屋さんおすすめの配管洗浄剤。
よく効きました!