スポンサーリンク

エアコンは家財?~家財保険どうしますか?追記。

火災保険
スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナーが、火災保険について皆さんに知って頂きたいことを記事にして投稿しています。
先日、別の投稿で「家財保険」をおすすめいたしました。こちらもお読みください。

きぬさらさんによる写真ACからの写真

Kindle(キンドル)本の出版もしています。お時間許す方は是非ご覧ください。

まずは、自分の加入している保険を知りましょう。

「火災保険」に加入することは大事なことです。
ただし、ご自分が加入した保険がどの様な補償内容になっているのかキチンと理解することが大切です。
「火災保険」というと、一般的には建物を補償対象のものとなります。よくよく説明を聞かずに加入してしまっているケースもあると聞きます。
万が一のための保険です。その万が一の時に自分たちを守ってくれるものになっているか、今すぐ確認してください。

「火災保険」?「家財保険」?

なんだかよくわからないって言う人もたくさんいらっしゃいます。
ここで、改めて確認してください。
一般的に言う「火災保険」とは、建物を補償対象にした火災保険、
一般的に言う「家財保険」とは、家財を補償対象にした火災保険、
となります。
例えば、雷が落ちて家電製品がショートして使えなくなってしまった。
という場合には、家電製品は建物ではなく、家財ですから、
上記の「火災保険」では補償されず、「家財保険」に加入している場合に補償されます。細かく考え始めると「どっち?」というものがありましたので、整理してお知らせ致します。

「建物」と「家財」の区別。

一番カンタンに言うと、「動くもの」と「動かないもの」で区別していいと思います。
例えば、
火災により住宅が燃えてしまった。   ・・・建物
落雷で家電製品がショートして使用不能。・・・家財
泥棒がよじ登ったために雨どいを壊した。・・・建物
泥棒にテレビを盗まれた。       ・・・家財
こんな場合、
泥棒にサッシのガラスを割られた。   ・・・ ?
サッシは開け閉めするのに動きますね。
言い直します。
「持ち運びできない(しない)もの」が建物、「持ち運びできるもの」が家財。
泥棒にサッシのガラスを割られた。   ・・・建物
※持ち運びするものでも補償外のものがあります。(下記は一例です。加入する保険会社にご確認ください。)

ところで、エアコンは「家財」なの?

Q:壁付のエアコンは家電ですが、「家財」ですか?
A:壁に定着し持ち運びできませんので、「建物」です。
Q:ドア、ふすま、タタミ等は?外せば持ち運びもできそうですが?
A:通常は持ち運びしないものですから、「建物」です。
Q:下着、靴下は?
A:もちろん「家財」です。(タンスにしまってあっても、洗濯機内で洗濯前であっても取り扱いは同じ)
Q:エアコンの室外機、電気温水器、ソーラーパネルは?
A:建物に定着していますので、「建物」です。
Q:観葉植物は?
A:補償対象外です。
Q:ワンちゃん、猫ちゃんは?
A:こちらも補償対象外です。
※生き物、植物は補償対象外です。(一部、庭木を補償する保険会社あり。)
Q:自動車・バイクは?
A:火災保険では補償外(原付バイク除く)です。自動車保険に加入ください。
Q:自転車は?
A:「家財」です。
Q:現金は?
A:限度額(20万円)があります。また宝石や美術品などの30万円超のものの場合には、(保険会社により)事前に申告が必要であったり、限度額が設定される場合がありますので、加入前には必ずご確認ください。

※「建物」を補償対象とする火災保険に加入の場合、
門・塀・簡易物置・カーポートなどは「建物」に含まれます。
敷地内にもう1棟の建物がある場合、補償外ですので、別の「火災保険」に加入する必要があります。
※「土地」は対象外です。

保険の補償内容はご自身で選択します。

これまで「家財」について説明してきましたが、「火災保険」「家財保険」に加入していても、補償内容により保険金が下りない場合があります。
例えば、「盗難」が補償されていなければ、泥棒被害に遭っても保険金はおりません。
「水災対象外」の場合には、床上浸水の被害に遭っても保険金はおりません。

まとめ。

「火災保険」は非常に大事なものです。予算重視で決めないでください。補償内容をしっかりご検討ください。「家財保険」をどうするか?「地震保険」をどうするか?
ハウスメーカーの担当者は親身にお手伝いしてくれますが、「火災保険」のことは正直、他人事で事務的です。
保険加入の引き渡し直前は、建物の工事スケジュールや出来具合やお客様の資金繰りに四苦八苦です。火災保険まで「よりよい提案」する余裕がありません。
自分の家は自分が本気になって守るしかありません。

こちらもお読みください。「家財保険どうしますか?

今回は以上です。また更新します。