スポンサーリンク

【2020年5月版】誰でもカンタン電子書籍の出版方法。Kindle Direct Publishing(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)前編

電子書籍
スポンサーリンク

「小説を書き上げた!」「詩・短歌・俳句を発表したい!」「文章は苦手だけど写真集なら!」
あなたのお手元に、または、頭の中にある作品は、もしかすると「芥川賞」か「直木賞」を獲れるものかもしれませんし、バカ売れして大金持ちになれるものかもしれません。
本の出版と言うと、何百万円もお金のかかるものでした。でも今なら「電子書籍」を発行することで、誰でも無料でカンタンにたった一人で本を発行することが可能です。

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

今回ここでは、AMAZONの【Kindle(キンドル)】で自分の書籍を発行する方法をご案内させて頂きます。参考にして「売れっ子作家」を目指しましょう!

まずは、KDPアカウントで「サインイン」!

KDPアカウントの取得方法はコチラから。

AMAZONアカウントの取得方法。

サインインするとこちらの画面。(最初の発行の方=「まだ本がありません。」と表示されます。)

私のIDだと下の画面。画面左上「タイトルの新規作成」の左側「電子書籍または有料マンガ」をクリック。

Kindle本の詳細を入力していく。

「Kindle本の詳細」「Kindle本のコンテンツ」「Kindle本の価格設定」と三部構成になっています。左側の必要事項全てを入力終えないと右の項目に移れません。
まずは、「Kindle本の詳細」から、
言語=「日本語」
本のタイトル=表紙に記載されている通りに。
タイトルのフリガナ=全角カタカナで。
ローマ字=タイトルを半角英字で入力(記号は入力できません。カッコや句読点などは入力しなくても何ら問題ありません。
サブタイトル=オプションですので入力は任意です。入力しなくても何ら問題ありません。
※サブタイトルを入力した場合には、そのフリガナ・ローマ字の入力が必要です。

(オプション)は入力不要。

「レーベル」「シリーズ」「版」など(オプション)は入力不要です。

著者名は必須。カッコいいペンネームでも本名でも会社名でも、本の発行の目的に応じて入力、フリガナ・ローマ字も。
その下の著者(オプション)は、作者が二人いる場合などに。オプションですので入力しなくても可能。

Amazon.co.jp: Audibleブック・オリジナル
Audibleブック・オリジナル ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

「内容紹介」はとても大事。

「内容紹介」は本の販売ページに表示される文章ですのでとても大事。4000文字入力可能ですので、たくさん売れるようにアピールしてください。
「内容紹介」は、発行作業前に事前に用意しておくのが理想ですが、ここまで作業を進めてきて、どうしても納得いくアピールコメントが思いつかない場合には、作業を一時ストップすることも可能です。

「下書きとして保存」

作業中でも、画面下に「下書きとして保存」のボタンがありますのでご安心ください。こちらをクリックして別の作業でも、休憩でも可能です。戻ってきたら、

トップページの「下書き」から「設定の続行」へ。

先程「下書きとして保存」したものは、トップページに「下書き」として保存されていますので右側の黄色いボタン「設定の続行」で元の画面に戻れます。

先程保留にした「内容紹介」を入力すれば、残りはもう少し!

出版に関して必要な権利=私は著作権者で・・・・・を選択、
キーワードとカテゴリーは検索の対象となりますので、検索されやすいものを入力、選択ください。
年齢と学年の範囲=本の内容通りに入力ください。
最後に、
「本の発売準備が出来ました。」→「保存して続行」

次、「Kindle本のコンテンツ」入力へ・・・

後編に続く。

Amazon.co.jp: Amazon Music Unlimited
新曲から名盤まで、9,000万曲が聴き放題。気分や活動に合わせて聴くプレイリスト、好きなだけ楽しめるステーションも。オフライン再生も可能。