スポンサーリンク

KO仕掛け人「ロイヤル小林」。オリンピック代表選手初の世界チャンピオン。

ボクシング
スポンサーリンク

こんにちは。こちらの投稿日は2019.3.23。どうやら東京オリンピックは「延期」が決定しそうです。次の議論は、延期が「1年」なのか「2年」になるのか?が焦点となっていくのでしょう?出場予定だった選手の皆さんには気の毒ですが、今回の全世界的な大変な状況の中やむを得ないことと思います。代表選考等、今後たくさんの問題が発生することでしょう。札幌でとなった「マラソン」についても東京で出来るよう再考してもらいたいものです。

ところで、40年前には「モスクワオリンピック」ではボイコット問題が発生し、日本も不参加となってしまいました。今回とは様子が違い、政治問題がスポーツの大会に影響を及ぼしてしまったという出来事で、選手の皆さんは納得いかなかったことと想像します。実は、当時の不参加国66か国のうち、西側先進国は6か国(アメリカ・カナダ・西ドイツ・日本・ノルウェイ・トルコ)しかなかったそうです。イギリス・フランスなどは参加していたのですね。あまり知られてないのでは?正直驚きました。

毎日新聞

オリンピック代表選手初の世界チャンピオン。

2012年のロンドンオリンピックで村田諒太(ミドル級)が金メダル、同時に清水聡(バンタム級)が銅メダルを獲り注目されましたが、ボクシングのオリンピックメダリストは2人を含めて過去に5人だけしかいません。世界チャンピオンの「92人」と比較すると、オリンピックのメダルはとても遠いものなのですね。

「ロイヤル小林」は、1972(昭和47)年のミュンヘンオリンピックの代表選手、ベスト8どまりでメダルには届きませんでした。アマチュア時代のKO率は8割2分、1973年のプロデビュー後も、世界初挑戦のアルゲリョ戦まで18勝16KO、異名は「KO仕掛け人」。

大卒選手初の世界チャンピオン。

ロイヤル小林は、オリンピック代表初のチャンピオンでもあり、大卒初の世界チャンピオンでもあります。エリートボクサーと言いたいところですが、パンチパーマに口ひげ、ボクシングスタイルはKO狙いのファイター、とぽくない方です。

アレクシス・アルゲリョ、ウイルフレッド・ゴメス、 エウセビオ・ペドロサ、スーパースターと対戦。

世界初挑戦は、1975.10月「リングの貴公子」アレクシス・アルゲリョ(WBAフェザー級)と対戦し5回KO負け、1976.10.9(具志堅がタイトル獲得する前日)にWBCのジュニアフェザー級のタイトル奪取、日本人世界チャンピオン無しにピリオドを打つ。翌月の防衛戦で判定で陥落、わずか47日間のチャンピオンでした。1978年1月には「KOキング、バズーカ」ウイルフレッド・ゴメスに挑戦し3回KO負け、1年後の1979.1月には「WBAフェザー級19回防衛」することになるエウセビオ・ペドロサに13回KO負け。ペドロサには我らが「スパイダー根本」も挑戦失敗。

ロイヤル小林は、超スーパースター「アルゲリョ、ゴメス、ペドロサ」の全盛時に戦っていたのですね。本でも書けば売れるのでは?それとも既に出版されているのか?

ランキング(1979.2月・東洋太平洋J・フェザー級。

OPBF
1979.2
フェザー級
~57.15kgまで
Championロイヤル小林
(日本・国際)①
1スパイダー根本
(草加有沢)
2尹 錫太
(韓国)
3吉田 秀三
(協栄・河合)
4ネネ・ジュン
(フィリピン)
5黄 福寿
(韓国)
6ヌンサブレング・リードバンキー
(タイ)
7クンフォレク・サコーンビタク
(タイ)
8ロミー・クナナン
(フィリピン)
9松島 幸一
(三好)
10ローランド・ナバレッテ
(フィリピン)

それではまた更新します。今回は以上。