スポンサーリンク

MLB(メジャ・リーグ)
2021シーズン60戦目!
サンディエゴ・パドレス
2021.6.5
ニューヨーク・メッツ戦!
5安打・15三振で完敗!

サンディエゴパドレス
スポンサーリンク

MLB 2021シーズン

2021年のMLB(メジャー・リーグ)の注目は、「サンディエゴ・パドレス」と「ロサンゼルス・ドジャース」とのナショナル・リーグ西地区での優勝争い。
開幕前の予想通り2チームにジャイアンツも加わり、上位3チームが競っている状態です。
パドレスの今カードは東地区首位の「ニューヨーク・メッツ」との4連戦。
昨日の第1戦は、ダルビッシュの好投とタティスJr.の17号で勝利。
2戦目は、ブレイク・スネルの快投で連勝、
3戦目はジョー・マスグローブが先発、対するメッツの先発は、ジェイコム・デグロム。

2021年6月5日.60戦目 VS メッツ

デグロムに対し、7回を3安打11三振に抑えられる。

打者成績、15三振!

2021.6.5.メッツ戦(ペトコ・パーク)

わずか5安打、メッツの3投手から15三振。

投手成績、マスグローブ、2被弾!

2021.6.5.メッツ戦(ペトコ・パーク)

マスグローブは5回10奪三振も被安打8で3失点。

ナショナル・リーグ西地区順位表

2021.6.5(現地時間)現在

ジャイアンツ3連勝。

本日の日本人メジャーリーガー、大谷翔平16号!

菊池雄星(マリナーズ)と大谷翔平(エンゼルス)、花巻東高校の先輩後輩対決、
大谷の第1打席の初球、第16号のホームラン、第2打席は空振り三振となりました。

菊池雄星は、4回まで8奪三振の快投、大谷とスタッシーのソロホームラン2本の2失点と抑えた後の5回ピッチャー強襲のライナーを右膝に当て急遽退場、ケガの状況が心配です。

大谷は、5打数2安打。

秋山翔吾(レッズ)、途中出場で1打席、凡退で終わる、

し、5奪三振無安打無失点の圧巻の好投、

筒香嘉智(ドジャース)、代打で凡退。

本日のまとめ

好投が続いていた菊池雄星のケガの状況が心配です。
秋山、筒香にヒットが出ずこちらも心配です。