スポンサーリンク

MLB(メジャ・リーグ)
2021シーズン85戦目!
サンディエゴ・パドレス
2021.7.3
フィラデルフィア・フィリーズ戦!
ダルビッシュ先発登板!

サンディエゴパドレス
スポンサーリンク

MLB 2021シーズン

2021年のMLB(メジャー・リーグ)の注目は、「サンディエゴ・パドレス」と「ロサンゼルス・ドジャース」とのナショナル・リーグ西地区での優勝争い。
7月に入り、シーズン162試合の半分を経過したところ、開幕前の予想では3番手と予想されていたジャイアンツが好調で首位を走り、本命視されていたドジャースが僅差で追っている状況がしばらく続いています。
パドレスは、6月に、首位とのゲーム差が最大6.0まで広がったところから、昨日7/1には2.5まで詰めてきています。
今カードは、「フィラデルフィア・フィリーズ」との3連戦。フィラデルフィアといえば、映画「ロッキー」を思い出します。

2021年7月3日.85戦目 VS フィリーズ

悪天候のため、試合時間2時間遅れ、4回裏大雨のため試合中断、マチャドの先制2ランをダルビッシュ守れず。

打者成績、マチャド13号!

2021.7.3.フィリーズ戦(シチズンズ・バンク・パーク)

初回幸先よく、タティスJr.を塁に置いてマニー・マチャドの13号で2点リード、
しかし、2回以降は沈黙、追加点なく敗戦。

投手成績、ダルビッシュ3敗目。

2021.7.3.フィリーズ戦(シチズンズ・バンク・パーク)

ダルビッシュ17試合目の先発登板は、
マチャドの2ランで援護された2回、ハーパーとホプキンスから2発被弾で追いつかれ、4回には雨天のため45分間の中断で降板かと思ったが続投、6回マイヤーズの守備にミスがあり三塁打とされるとハーパーに犠牲フライ、次次打者のホスキンスにタイムリーヒットで2失点、3敗目を喫す。

本日の日本人メジャーリーガー

大谷翔平(エンゼルス)、死球・申告敬遠・二ゴ・申告敬遠・右フ、今日はヒットなし、

澤村拓一(レッドソックス)、31度目の登板、
6回、先発投手が打たれ3-2と1点差に詰められた無死ランナー2塁、と大事なところ、
遊ゴ・四球・左フ・遊ゴ、と6試合連続無失点の好投、防御率は2.48、

秋山翔吾(レッズ)、代打で出場、凡退。

本日のまとめ

ダルビッシュで敗れ7月3連敗、熱く燃え上がっていた打線が再び沈黙中。