スポンサーリンク

MLB(メジャ・リーグ)
2021シーズン9戦目!
サンディエゴ・パドレス
2021.4.10.レンジャーズ戦
金河成(キム・ハソン)第1号!

プロ野球
スポンサーリンク

MLB 2021シーズン

MLB(メジャー・リーグ)の2021シーズンは、大補強によりオールスター級の選手がずらり揃った「サンディエゴ・パドレス」と、昨シーズンのワールドチャンピオンでありリーグ西地区8連覇中の「ロサンゼルス・ドジャース」とのナショナル・リーグ西地区での優勝争いを楽しみに。
そして、昨年の最多勝獲得のダルビッシュ、レイズから入団の2018年サイ・ヤング賞、ブレイク・スネルなどの投手陣、タティスJr、マチャド、ホズマーなどの打者、パドレスの選手たちの活躍、
さらに、他チーム所属の日本人メジャーリーガーたちの活躍にも注目!!

2021年4月10日.9戦目 VS テキサス・レンジャーズ

今カードは、ア・リーグ西地区の「レンジャーズ」との対戦。
ア・リーグとの対戦のためにDH制が採用。日本ではDH制の影響でセ・リーグはパ・リーグに対し不利だという声も聴きますが、MLBではいかがなのでしょうか?

打者成績(2021.4.10)

2021.4.10.レンジャーズ戦(グローブライフ・フィールド)

今日は要所要所で連打が生まれ得点に結びつきました。韓国からポスティング移籍の金河成に第1号。アジア人打者がMLBで通用するかの指針として気にしてみています。

投手成績(2021.4.10)

2021.4.10.レンジャーズ戦(グローブライフ・フィールド)

マランソンが危なげなく4セーブ目。

ナショナル・リーグ西地区順位表

2021.4.10現在

シーズン前の順位予想通りの並びになっています。

日本人メジャーリーガー

筒香(レイズ)は、5打数1安打4三振。

大谷(エンゼルス)は、4打数1安打(3塁打)。

菊池雄星(マリナーズ)、2試合目の登板、6回94球被安打5、6奪三振2失点。2ランホームラン1発浴びましたが、悪くない内容、次は行けそうです。

本日のまとめ

ナ・リーグ西地区は、やはりドジャースが強い、パドレスも離されずついています。
NPBではオリックスの宮城投手がいいですね。