スポンサーリンク

50代の睡眠時間について

ひとりごと
スポンサーリンク

昭和40年生まれ男、2020年55歳となりました。

昭和40年生まれ男、2020年の今年が55才となります。
数年前から「生活習慣病」など心配なことが増えてきました。

私も以前、テレビタレントの出川哲郎のようにお腹がぽっこりとしていました。
ドラッグストアに「ナイシトールZ」を探しに行ったこともあります。
結構な金額の商品で、効果もわからない薬品に出資することが出来ず買わずに帰ってきたものです。

運動不足対策

明らかに運動不足でしたので、当時流行っていた「ポケモンGO」をやりながら早朝ウォーキングにもチャレンジしたものの、
調子が良くなった頃に調子こいて走ったら、ふくらはぎがズキッ!と歩けなくなり家族に車で迎えに来てもらう始末。

3年前から、

ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200 8段階負荷調節 スタンダードモデル

2年前から、

ショップジャパン 【公式】ワンダーコア2 [メーカー保証1年付] 腹筋 筋トレ 本格 トレーニング

結果、お腹は見事にへこみました!
体重で言うと約7kg減です。
未だに続いています。体調もいい感じです。

次の心配が、脳の衰えです。

55歳というと、親の年齢も80代ぐらいでしょうか?
私の母親もかなり「脳」が衰え、面倒見はじめ3年ほどになります。
少しずつ悪いほうに進んでいる姿を目の当たりにすると、今度は、自分の「脳」も心配になってきます。同年代の人に会うと大体その話になってきています。

「脳トレ」開始!

昨年、11月から「脳トレ」として、国家資格の受験勉強を始めています。
まもなく1年、早いものです。
実は、受験日は8月に終わっているのですが、当たり前のように不合格。
完全に準備不足です。なかなか勉強時間の確保が難しいのです。
先程書いた通り、母親の面倒を見る仕事もあるので、時間が限られます。

そこで、いよいよ本題ですが、

朝2時起きを決断!

いつまで続くかチャレンジ中ですが、
8月の受験失敗後、即、勉強時間確保のために「朝(真夜中?)2時起き」を開始しています。まもなく2ヶ月になるところです。

2時に起きるとして、睡眠時間確保のために9時には眠るようにしています。
ピッタリではありませんが、約5時間の睡眠時間です。

実際には、2時のアラームから30分から1時間は目覚められずボーッとしてしまいます。
コーヒー淹れたりで体を動かし、気合で覚醒!
6時頃まで有意義に時間が使えます。集中するとあっという間です。

理想の睡眠時間

そもそも睡眠時間は、長すぎても短すぎても害があるようで、理想の睡眠時間は年齢によっても差があるとのこと(大塚製薬のサイトより)。年を取るほど睡眠時間は短くなるようで、65歳前後で6時間と言いますので55歳で5時間では少し足りないようです。
もう少し様子見ながら調整していこうかと。

結論、50代の睡眠時間は、いまのところ5時間ちょっとで何とか大丈夫。

お昼頃には軽く眠気がきます。大きな支障は今のところありません。
早起きしている分、夜はスムーズに夢の中へ。
ハッと!「寝すぎた!」と起きると、まだ「11時」です。

睡眠には「脳や身体の休養」「疲労回復」「免疫機能の増加」「記憶の固定」「感情整理」など多くの重要な役割があるそうで大事ですね。

7時には朝食を終え、腹筋+バイク&シャワーで出勤。
もっと時間があればいいですネ!