具志堅用高

スポンサーリンク
ボクシング

1980年代「黄金のミドル(中量級)」の周辺。⑧日本のプロボクシングは冬の時代。

1980年代のボクシングは、ヘビー級ではなく、中量級にスーパースターが集中し、【黄金のミドル】と呼ばれる最盛時代、中でも「ハグラー・デュラン・レナード・ハーンズ」の4人は「ビッグ4」と呼ばれる超スーパースターでした...
ボクシング

1980(昭和55)年、日本のプロボクシング。

1980年も「具志堅用高」の年、3回防衛成功、防衛回数は13回に。 新世界チャンピオン続々3人誕生! 中島成雄:ボクシングマガジン 1980年1月3日、絶対不利を予想されていた「中島成雄(ヨネクラ)」がWBCジュニアフラ...
ボクシング

1979(昭和54)年、日本のボクシング。具志堅用高の時代。

「具志堅用高」防衛回数2ケタに! 1976年10月10日にWBAジュニアフライ級のタイトルを獲得した具志堅は、1977年に3回、1978年に3回の計6回防衛し1979年を迎えます。 防衛回数試合日時結果対戦相手試合会場 7回目...
ボクシング

1978年12月発表、WBA世界ランキング(J・フライ級)

1978(昭和53)年12月のWBA世界ジュニアフライ級のランキング表を掲載。チャンピオンは6回防衛中の具志堅用高。

スポンサーリンク