西武ライオンズ黄金時代

スポンサーリンク
プロ野球

昭和60(1985)年「西武ライオンズ」第1期黄金時代4年め。 V奪還!広岡達朗、監督最終年。

チーム力充実、2年ぶりのリーグ優勝。 田淵・山崎裕之・江夏らベテランが引退したものの、中日から3年連続セ・リーグ最多安打の「田尾安志」、台湾から「郭泰源」を獲得、前年後半から台頭してきた若手メンバー、秋山幸二、辻発彦、金森永時、渡辺...
プロ野球

昭和58(1983)年、「西武ライオンズ」第1期黄金時代2年め。

この年は、大相撲の元横綱「八角親方(保志→北勝海(ほくとうみ)→八角)」が、初場所(1月)幕下初優勝、名古屋場所(7月)十両優勝、秋場所(9月)新入幕、と駆け上がっていく年、現「日本相撲協会」13代理事長の20歳の頃です。我々「昭和40年...
スポンサーリンク